過蓋咬合とは?問題点と改善方法を解説

query_builder 2023/06/26 歯医者 歯並び 噛み合わせ 口臭 歯周病 インプラント
歯や歯並びの悩みを持つ人の中で、過蓋咬合の方も多いのではないでしょうか。過蓋咬合とは、上顎の歯が下顎の歯よりも前に出ている状態のことを言います。この状態が続くと、口腔内にはさまれた隙間に食べ物やカスがたまり、虫歯や歯周病の原因になることがあります。また、歯や歯茎の負担が大きくなり、顎関節症や歯のくいしばりの原因にもなると言われています。本記事では、過蓋咬合の特徴や問題点、改善方法について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

過蓋咬合の特徴とメカニズム

過蓋咬合とは、上顎の歯が下顎の歯よりも前に出ている状態を指します。

この状態になると、上顎の歯が下顎の歯を覆ってしまい、噛み合わせがある程度強くなった時には、下顎の歯が前に移動することなく、上顎の歯だけで噛むようになります。

これが過蓋咬合のメカニズムであり、その結果、下顎の歯が前歯と噛み合わせなくなってしまうため、噛み合わせが悪くなるのです。

過蓋咬合には顎の成長過程や歯の生え方の問題が原因とされています。

また、頭痛や偏頭痛、肩こり、首こり、歯ぎしり、睡眠時の呼吸障害など、様々な問題が引き起こされる原因となることもあります。

過蓋咬合を改善する方法は、歯科治療での矯正やインプラント治療などが挙げられます。

自宅でできる改善方法としては、舌の位置を正しくすることや、食生活の改善が挙げられます。

それでも改善しない場合は、早期の治療が必要です。定期的な歯科検診を行い、過蓋咬合の早期発見に努めましょう。

過蓋咬合による口腔内の問題点と健康リスク

過蓋咬合とは、上下の歯の接触面積が少なく、上の歯が下の歯よりも前に出ている状態を指します。このような状態が続くと、口腔内に以下のような問題が生じる可能性があります。

1. オーバーバイト:上下の歯の接触が少なく、噛み合わせが正常でないため、咀嚼機能が低下し、食べ物を噛み砕くのに多くの時間を要するようになることがあります。

2. 音と咬み合わせの不快感:過蓋咬合は、咀嚼力をより多く必要とし、歯や顎に負担をかけるため、口の中で音が鳴り、偏頭痛のような痛みを引き起こすことがあります。

3. 歯の摩耗:上の歯が下の歯よりも前に出ているため、噛み合わせなどの時間により、下の歯に損傷を与えることがあります。

4. 顎関節症:過蓋咬合により、顎の位置が変わるため、顎関節に負担がかかり、顎関節症のリスクが高くなります。

過蓋咬合を改善するためには、歯科医師が噛み合わせを正常に修正する必要があります。歯の削り方を変える、矯正治療を行う、インプラントやブリッジなどの治療を行うなど、様々な方法があります。治療には個人差がありますので、歯科医師と相談して適切な方法を選択することが重要です。

過蓋咬合の改善方法と矯正治療の選択肢

過蓋咬合とは、歯の上下の咬み合わせの際に上あごの歯が下あごの歯の上に出てしまい、食いしばりや緊張などによって起こる症状です。

過蓋咬合には、歯並びの乱れ、顎の骨格的な問題、ストレスなど、様々な原因があります。

過蓋咬合が放置されると、歯や歯茎、顎の関節に負担がかかり、歯周病や顎関節症の原因になります。また、口臭や睡眠時無呼吸症候群など、全身的な問題にもつながります。

矯正治療は、歯並びの乱れや顎の骨格的な問題を解決する効果があります。ブラケット装置や透明なマウスピースなど、様々な種類があります。

また、過蓋咬合には、ストレス解消や咀嚼筋のリラックス効果が期待されるマウスピースや、歯の削らない治療であるマイクロオシアベニアなど、矯正治療以外にも改善方法があります。

矯正治療を選ぶ場合、歯科医師との相談が重要です。歯の状態や生活習慣、治療期間、費用などを考慮して、最適な選択肢を見つけましょう。

矯正治療以外の過蓋咬合の改善方法と予防策

過蓋咬合は、上下の歯が合わさるときに、上の歯が強く下の歯を覆ってしまう状態を指します。歯並びが悪いだけでなく、噛む力が偏ってしまうため、歯や口の中のトラブルの原因となります。しかし、矯正治療以外でも改善することができます。

1.咬む力を分散させる

過蓋咬合の場合、咬む力が偏り、歯や顎の骨に負担がかかってしまいます。そのため、咬む力を分散させるためのマウスピースやサポーターを使用することで、負担を軽減できます。

2.咬み合わせの調整

歯や歯の生え方のバランスを整えるために、歯を削ることで咬み合わせを調整する方法もあります。この場合、歯を削るためには一定の条件が必要であり、必要性がある場合にしか行われません。

3.筋肉を鍛える

舌や顎の筋肉を鍛えることで、咀嚼が正常になり、咬む力の偏りを解消できる場合があります。この場合、定期的なトレーニングが必要になります。

4.口の中の環境を整える

口腔内の状態が悪くなると、歯や顎の骨に負担がかかってしまうことがあります。そのため、定期的な歯磨きや、口内環境の整備が必要です。

以上が、矯正治療以外での過蓋咬合の改善方法や予防策になります。ただし、具体的な症状や原因によって、どの方法が適しているかは異なります。歯科医師との相談や、定期的な検診が大切です。

過蓋咬合の重要性と早期治療の必要性

過蓋咬合とは、上の歯が下の歯よりも多くかみ合ってしまう状態を指します。この状態は見た目の美しさだけでなく、歯に負担がかかり、歯並びの偏りや顎関節症などの問題を引き起こすことがあります。

特に、歯並びの偏りが生じてしまうと、その後も正しく噛めなくなってしまい、食べ物を噛み砕いたりする際に歯に不必要な負担がかかることになります。

過蓋咬合は早期に発見し、治療することは非常に重要です。まずは、口を閉じた状態で上下の歯が噛み合っているかどうか確認し、噛み合っていると感じる場合は歯医者に相談してください。

歯科医師は、適切な治療方法を提供することができます。具体的には、マウスピースを装着することで、顎の位置を修正し、歯を動かすといった治療法があります。

また、治療期間が長くなれば、徐々に顎の骨を削るなどの手術的な治療が必要になってしまうこともあるため、早期の発見と治療が非常に重要になります。過蓋咬合の症状が出ている場合は、ぜひ一度歯医者に相談してみてください。

----------------------------------------------------------------------

あずさ歯科クリニック麹町

住所:東京都千代田区麹町4-3-22 紅谷ビル3F

----------------------------------------------------------------------

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG